hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

手塚治虫『ママー探偵物語』★当サイト購入特典あり

24,200円

送料についてはこちら

漫画史を揺るがす大事件! 幼き手塚治虫が描いた幻の習作の数々がついにその全貌を現す 全作品単行本初収録、誰も見たことのない手塚漫画、究極のお蔵出し 【本書について】   本書は『ママー探偵物語』を中心に、手塚治虫が10 才から15 才にかけて描いた漫画の秘蔵作品集です。これまでムックや展覧会でその一部が発表・展示されることはありましたが、全貌は不明のままだった、謎の生物「ママー」が登場する、現存する中短編の物語をまとめました。   デビュー作「マアチャンの日記帳」以来、手塚治虫は生涯を通じて数多くの作品を発表しましたが、創作自体はそれ以前の幼少時にまで遡ります。  当初は模写や紙芝居のスタイルで描かれていたものの、小学生の頃には、早くもオリジナルキャラクターを生み出しています。とりわけ有名なのが、物語の展開を無視してコマに割り込んでくる正体不明の不思議な生物の数々で、その筆頭がヒョウタンツギ、次いで印象に残るのが、謎の生物「ママー」です。  1941 年、手塚少年が13 才の時から数年に亘り描いた『ママー探偵物語』(現存2作品)で、堂々主役を演じたママーは、その後のヒゲオヤジを彷彿させる名探偵ぶりを発揮しています。  ブックデザインは、弊社の「手塚治虫アーリーワークス」「手塚治虫コミックストリップ」を手がけた祖父江慎さん。鉛筆の質感を残しつつ、古い紙の汚れは極力目立たなくし、読みやすさも追求した印刷になる予定です。 ★本サイトからご購入の方には、特典として本書未収録カットの複製原画をプレゼントの予定。 ★画像は現在製作中の参考画像です。随時更新いたします。 【本書収録作品】 ◉ニコニコ漫画大祭 ピーピーピーコ/ママーの冒險/お化け寺/セミとトンボの大合戦 ママーノタイサウ/チドリのチーチャン 特別大ふろく:新おくわし・てんらんくわい ◉漫画(短篇集)5 漫画と考へ物 ママーのサンポ/ピヨコノピーチャン③/ツルトスゞメノマキ  おもちゃの國/セミノサイゴ 考ヘ物ページ①〜③ ピヨコノ大バウケン①/ピヨコノ大バウケン② 面白エデホン カメカメブユウデン ◉ママーたむていものがたり2  ママーの宝さがし ◉フロク 昆虫の身の上ばなし ◉ママー探偵4 ママー探偵モノガタリ4 ママーたむていモノガタリ 第四話ふろく スパイの女王 ママーノオンピッタ ママーたむていものがたり(断片) ◉おやじマンガ4 ヒゲオヤヂ南方戦線記 ◉昆虫手帳 著者:手塚治虫 企画・編集・解題:濱田髙志 解説:黒沢哲哉 ブックデザイン:祖父江慎(cozfish) 、小野朋香(cozfish) 印刷:三永印刷 発行:888ブックス(ハチミツブックス) 定価:本体22,000円+税 発行日:2022年3月30日予定 ISBN:978-4-908439-18-6  C0979 【仕様】 予定 サイズ:菊判変形(天地226 ㎜ × 左右146 ㎜) ページ:カラー722ページ 装丁:上製本、貼箱入り ©️手塚プロダクション

セール中のアイテム